子供のためのエイズガイドラインは死亡率を改善しないかもしれないが、治療へのアクセスを改善するかもしれない

子供のためのエイズガイドラインは死亡率を改善しないかもしれないが、治療へのアクセスを改善するかもしれない

Seth Berkley: HIV and flu -- the vaccine strategy (かもしれません 2019).

Anonim

最近の世界保健機関(WHO)の幼児における抗エイズ薬(抗レトロウイルス療法-ART)のガイドラインの変更は、死亡率を改善する可能性は低いものの、国際的研究者の研究によると、治療へのアクセスを簡素化してARTを受ける子どもの数を増加させる今週の PLOS Medicineに 掲載されました。

南アフリカのケープタウン大学のマイケル・ショマーカー(Michael Schomaker)が主導した調査の結果によると、HIV診断の2〜5年の南アフリカの子供たちのうち、ARTの3歳の死亡率に差はなかったCD4数およびパーセンテージ(HIV感染の進行のマーカー)がそれぞれ750細胞/ mm3および25%未満に低下するまで、ARTの開始が延期された患者および即座に開始された。

著者らは、南アフリカ、マラウィ、ジンバブエのHIV診療所でARV治療に登録したHIV感染者約3000人からの情報を使用して、これらの結論に達しました。 このモデルから、CD4値(2013年WHOガイドライン)にかかわらず、すべての子供が診断直後にARTを開始した場合、推定死亡率は2.1%であったが、ARTが750細胞/ mm3未満のCD4カウントで開始された場合、 25%未満のCD4%(2010年のWHOガイドライン)は、統計的に有意差がない2.2%であった。 しかし、著者らは、ARTがより低いCD4数で開始された場合、より高い死亡率を見出し、この研究は、子供に対する臨床情報の欠如および追跡調査の喪失によって制限される。

著者らは、「南アフリカの2-5歳の小児では、ART開始直後とCD4%が25%以下に低下するまで、またはCD4カウントが750細胞/ mm3未満に低下するまで、死亡率に差はない」と結論づけている。