バナナ、痛みを癒す人たちが世界で最も古い男のためにトリックをする

バナナ、痛みを癒す人たちが世界で最も古い男のためにトリックをする

Anonim

米国の製薬会社は、世界で最も古い男性が長寿を果物と薬に帰させた後、バナナ風味の鎮痛剤を検討していたと発表した。

ニューヨーク生まれのナイアガラの滝の近くに住んでいたスペイン人生まれのSalustiano「Shorty」Sanchez-Blazquezさん(112歳)が、木星で最も古い認定男に選ばれました。

ギネスによれば、サンチェス・ブラズケスは、現在、1901年に生まれたばかりの誕生の証人である。

彼はスペインの出身地から17歳でキューバに移り、そこで砂糖農園で働き、1920年にエリス島の象徴的移民センターを経て米国に到着しました。

ケンタッキー州の鉱山労働者として働いた後、彼は最終的にカナダとの国境に近いナイアガラ地域に定住しました。

声明で、彼は、バナナとアスピリンとカフェインを含むブランドの痛み止め剤であるアナシンの6錠の錠剤の1日投与のおかげで、老齢に住んでいたと信じていた。

それはAnacinの製造元Insight Pharmaceuticalsを自然に喜ばせました。

「歴史的に、リンゴは、健康を維持し、医師を避けることに最も関連する果実です」と、マーケティング担当副社長のJennifer Moyerは述べています。

「我々の科学者たちはこれまでにバナナを見たことはなかったが、世界で最も認定された最古の男が、バナナとアナシンを人生のコンボとして認めるようになったので、新しい「バナナシン」製品が意味をなさないかどうかを確かめようとしている。