血中ナトリウム濃度は高齢者の認知に影響するかもしれない

血中ナトリウム濃度は高齢者の認知に影響するかもしれない

???????????????????????????????????????????????? 2018 -???????????????????????????????? ???????? ???????????????????????????? - ???????????????????????????????????????????????? - ???????????????????????????????????????????????? ???????????????????????? ,???????????????????????????????????????????????? ???????????????????????????? (かもしれません 2019).

Anonim

新しい研究では、低ナトリウム血症として知られる低血糖のナトリウムが、進行する年齢に伴う認知機能の低下と関連していることが判明しました。 この結果 は、米国腎臓学会(CJASN) の 臨床ジャーナルの次号に掲載 されており、ナトリウム濃度に対処することが個人の 老化に伴う 認知の維持に役立つ可能性を提起している。

低ナトリウム血症は、血液中のナトリウム濃度が135mmol / Lを下回ると発生します。 軽度の低ナトリウム血症はかつて無症候性であると考えられていましたが、最近の研究では、注意欠陥、歩行障害、転倒、心血管イベント、さらには早過ぎる死のリスクが高いことが示唆されています。 重度の低ナトリウム血症は、認知障害および神経障害と関連しているが、高齢者の血清ナトリウムおよび認知の異なるレベル間の関連は不確実であった。

調査のために、MPH(Colorado Anschutz Medical Campus大学)のKristen Nowak博士と彼女の同僚は、65歳以上の無症候性コミュニティ住人5435人について、中央値4.6年間追跡調査した。 合計100人の男性が低血圧を示す血清レベルを有していた。

研究者らは、血中のナトリウム濃度がわずかに低下していることが、認知機能障害と認知機能低下の両方に関連していることを発見しました。 141〜142mmol / Lのナトリウム濃度を有する男性と比較して、126〜140mmol / Lのレベルを有する男性は、ベースライン時に認知障害を有する可能性が30%高く、時間とともに認知低下を経験する可能性が37%高い。 研究者らはまた、高血清ナトリウム(143-153mmol / L)と認知低下との関連を経時的に見出した。

「血液中のナトリウム濃度がわずかに低下しても、臨床現場では気づかれない可能性が高い」とノワク博士は述べた。 「血清ナトリウム値がやや低下し、認知機能の軽度の変化が年齢とともに一般的に起こるため、低ナトリウムレベルの矯正が認知機能に影響を及ぼすかどうかを決定することを含め、このトピックに関する今後の研究は重要です。