報告された嫌悪感にもかかわらず、古い読者はeリーダーを使用する際の労力を軽減し、研究者は

報告された嫌悪感にもかかわらず、古い読者はeリーダーを使用する際の労力を軽減し、研究者は

Anonim

ドイツのマインツス・グーテンベルク大学のマティアス・シュレスキスキー(Matthias Schlesewsky)によるオープン・アクセス・ジャーナル「 PLOS ONE 」( PLOS ONE)の 2月6日の研究によれば、タブレット・コンピュータのようなデジタル機器のテキストを読むことは、ゲオルグ・アウグスティンゲン大学とドイツのマールブルク大学。

これまでの調査では、eリーダーやタブレットコンピュータではなく、紙の本を読むことが好まれています。 ここでは、著者らは、これらの3つの異なる媒体で読み取られた情報を処理するために必要な神経的労力の観点から、この嗜好の起源を評価した。 彼らは、尋ねられたときに、若者と老人の両方が紙の本の強い好みを述べたが、目の動きと脳の活動を比較したとき、高齢者はタブレットコンピュータのような逆光のデジタルリーダーと比較してうまくいった。

著者らは、視覚の固定に必要な時間と、各装置に必要な認知処理の量を識別するために、異なる読書装置による脳活動の脳波測定値の2つのパラメータを読者で測定した。

研究者らは、21歳から34歳までの若い読者は、3つの読書装置全体で脳活動の類似した眼球運動およびEEG測定値を示したことを見出した。 60〜77歳の高齢者は、テキストを固定する時間が短く、他のメディアと比較して、タブレットコンピュータを使用した場合、脳の活動が低下していました。 この研究は、この効果が、バックライト付きディスプレイ上のより優れたテキスト弁別のためであると結論付けている。 研究の参加者のいずれも、いずれの装置でも読んだことを理解するのに困っていたが、評価された生理学的尺度に基づいて、古い読者は電子読書装置のコントラストの向上の恩恵を受ける可能性がある。