HIV関連リンパ腫生存は、抗レトロウイルス療法時代には改善されなかった

HIV関連リンパ腫生存は、抗レトロウイルス療法時代には改善されなかった

Anonim

国立がん研究所のジャーナルで 7月26日に発表された新しい研究によると、米国における抗レトロウイルス療法(ART)時代のHIV関連リンパ腫患者の生存率は安定していた。

HIV感染が非ホジキンリンパ腫(NHL)およびホジキンリンパ腫(HL)のリスクを増加させ、多くのリンパ腫タイプの発生率がART時代に低下していないことが研究によって示されている。 さらに、リンパ腫は、HIV感染者の中で最も多い癌関連死因である。 しかし、ART時代の初めから、日常的なケアのHIV関連リンパ腫患者の間では、提示と生存の傾向は調査されていない。

ノースカロライナ大学のリバーバーガー包括的がんセンターのグローバル腫瘍学プログラムのSatish Gopal医師は、HIV感染リンパ腫患者の間で、組織学的サブタイプおよび診断年齢の差異を比較した。 彼らはまた、この人口における死の予測因子を調べた。 HL、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)、バーキットリンパ腫(BL)、原発性中枢神経系リンパ腫(PCNSL)などの様々なタイプのリンパ腫と診断された、米国に住む476人のHIV関連リンパ腫患者からのデータ1996年から2010年までのNHLのタイプを様々な統計的方法を用いて分析した。

彼らの結果は、HIV関連リンパ腫は、ART時代が始まって以来、異質で変化していることを示しています。 異なるリンパ腫サブタイプにわたる臨床的プレゼンテーションは、試験期間中に非常に変動性があった(79HL、201DLBCL、56BL、54PCNSL、および他のNHLを有する86)。 BLと他のNHLサブタイプの比率の組織学的変化は、他の報告と一致して増加している。 データにより、より最近診断された患者は、男性ではなく、男性である可能性が高く、非白人/非黒人(主にラテン系の患者)であること、男性と性行為を有する男性であること、AIDS関連疾患を有することが示された。 彼らはまた、より高いCD4数および良好なHIVコントロールを伴うリンパ腫診断においてARTになる可能性がより高かった。 著者らは、より最近の診断年は死亡率の減少と関連しておらず、HIV関連HLの患者の61.6%がリンパ腫診断後5年生存していることを報告している(BL 50.0%、DLBCL 44.1%、他43.3% NHL、PCNSLは22.8%であった。 注目すべきは、ART上で起こるリンパ腫は死亡率の倍増と関連しており、これらの結果は確認が必要であるが、ARTを発症する腫瘍と発症しない腫瘍との間の重要な生物学的相違を示唆し得る。

Gopalらは、「これらの結果は、現代のART時代における主要な死亡原因の1つからの死亡を減らすために、この難しい集団に対するリンパ腫生物学を解明し、治療を最適化する継続的な必要性を強調している」と結論づけている。

国立がん研究所のCancer Research CenterのMetabolism BranchのKieron Dunleavy博士とMD Wyndham H. Wilson博士は、この発見はHIV流行の変化する人口統計を反映していると述べているアメリカ合衆国で。 しかし、生物学的に好都合で治癒可能なタイプのリンパ腫への移行は、研究期間中の生存率の向上をもたらさなかった。 彼らは、結論として、HIV関連リンパ腫は潜在的にHIV陰性患者で起こるものほど治癒可能であるため、HIV陰性例と同じ注意をもってアプローチすることが重要であると主張している。