イングランドで自滅する患者のための病院の治療は、

イングランドで自滅する患者のための病院の治療は、

ZEITGEIST : MOVING FORWARD 時代の精神 日本語字幕 CC版 (かもしれません 2019).

Anonim

新しい研究で示された臨床ガイドラインの導入にもかかわらず、イングランドで自滅する患者の病院管理は過去10年間でほとんど変化していません。

マンチェスター大学の研究者らは、過剰摂取または他の自傷が専門心理社会的評価を得なかった後に入院した患者の40%を発見した。

受け取った治療患者も、彼らが住んでいた場所に応じて変化し、郵便番号抽選がまだ実施されていることを示唆している。

研究者は、32カ月間の病院で7689件の自己害を3カ月間に渡って提示した6442人を調べ、人々がどのように治療され、追跡されたかを調査した。 また、21項目の指標を用いて自傷サービスの質を測定しました。 チームは、2001年に実施された以前の調査とその結果を比較した。

この調査を主導した大学の自殺予防センターのジェーン・クーパー博士は、次のように述べている。「病院は自己害の管理において著しく変化した。国家指導に沿った心理社会的評価を受けたエピソードの割合は、病院全体では88%に達していますが、全体的にみると、評価のレベルは過去10年間でほぼ一定であったことがわかりました。

しかし、この研究では、自己害を受けた患者の医療サービスの質が改善された可能性があるという証拠がいくつか示された、と彼女は付け加えた。

国立健康研究所(NIHR)が資金を提供し、 BMJオープン (11月20日水曜日)に掲載されたこの研究は、全国的に利用可能な自傷に関するサービスに関する最も詳細な情報を提供します。

最近のナショナルインスティテュート・オブ・ヘルスケア・エクセレンス(NICE)自己傷害指針の調査と議長を務めるNav Kapur教授は、次のように述べています。「私たちは、国家ガイドラインや政策イニシアチブにもかかわらず、英語の病院での害は今までと変わらない。これは治療の患者が病院に入ると結果に影響を及ぼすため重要です。

マンチェスター・メンタル・ヘルス&ソーシャル・ケア・トラストの精神医学の名誉諮問機関でもあるカピュール教授は、「最近の指針と自己傷害サービスの関連する品質基準がどのようにケアに影響を与えるかを見極める必要がある。自己犠牲者はますます必要な評価と治療を受けるだろう」と語った。