ヨルダンはSARSのようなウイルスの死亡例を分離

ヨルダンはSARSのようなウイルスの死亡例を分離

Anonim

ヨルダンの保健相は、先週、世界保健機関(WHO)によって確認された今年のSARS様ウイルスによる王国の2人の死亡が孤立した症例であったと述べた。

「4月以降、ヨルダンではコロナウイルスの症例は記録されていない」とアブドラチフ・ウライカットは日曜日に公式のペトラ通信社がコメントした。

WHOは、金曜日、ヨルダンでの2人の死亡が、今年の中東での新型ウイルスによる5人の死亡のうちの1人であることを報告した。

「これらの症例は、2012年4月に発生した肺炎症例群の保存された検体の検査を通じて発見された。

Wreikatは、ヨルダンは、アンマンの東ザルカ市にある州立病院の医師2人と看護師9人のすべてが肺炎で亡くなり、看護師と大学生が死亡した時に、独自の検査を実施したと語った。

しかし、実施された検査結果は、鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ、重症急性呼吸器症候群(SARS)および他の検査されたコロナウイルスの陰性であった。

コロナウイルスは、風邪からSARSに至るまでヒトの病気を引き起こす可能性のあるウイルスの大家族です。

SARSは2003年に中国から流出した流行で、世界中で800人以上が死亡し、国際的な健康被害を引き起こしています。

WHOは、今年中東で発見されたコロナウイルスはSARSとは無関係であり、微生物の新しい形態であると述べている。

国連機関は、サウジでは5人、ヨルダンとカタールではそれぞれ2人が確認された。 カタールとサウジアラビアで2人、ヨルダンで2人が死亡した。

サウジアラビアの事件で、リヤドは10月、ムスリム聖地に何百万人もの巡礼者を引き寄せている毎年のハジ中に感染の拡大を防ぐための措置を講じたことを発表するよう促した。