一般集団における心エコー検査に関連する利益はない

一般集団における心エコー検査に関連する利益はない

Anonim

ノルウェーの研究によると、構造的および弁膜性心疾患の心エコー検査は、死、心筋梗塞(心臓発作)または脳卒中の危険性を低減する利益とは関連していないと JAMA内科医が 報告したJAMAネットワーク出版。

急性死亡の家族歴を有する無症候性の個体または心臓に影響を与える遺伝性疾患のスクリーニングには心エコー検査が推奨されるが、一般集団における構造的心疾患の罹患率が低いため、心エコー検査は低リスク個体では正当であると考えられていない。研究の背景に

ノルウェーのTromsø大学のHaakon Lindekleiv博士らは、無作為化臨床試験において、一般集団の心エコー検査で長期生存率を改善したか心血管疾患のリスクを低下させたかどうかを調べた。

研究者は中年の参加者6, 861人(スクリーニング群では3, 272人、対照群では3, 589人)を調査した。 スクリーニング群では290人(8.9%)が異常所見のため追跡調査を受け、249人(7.6%)の心臓病または弁膜症の病状が確認された。

スクリーニング群では、構造的心臓弁膜症の有病率は7.6%であり、最も一般的な所見は弁膜疾患であったが、無症候性疾患の診断は、疾患の進行を遅らせるまたは中止する臨床的作用につながる場合にのみ有用である。大動脈弁および僧帽弁の硬化症は心血管疾患のリスク上昇に関連しているが、一般人の弁膜疾患の早期診断は死亡リスクまたは心血管イベントのリスクを低下させることはなかった。

15年間のフォローアップ期間中、スクリーニング群で880人(26.9%)が死亡し、対照群で989人(27.6%)が死亡した。 突然死、心疾患による死亡率、または致命的または非致死的な心筋梗塞および脳卒中の発生率の測定には、有意差は認められなかった。

「無症候性成人の心血管リスク評価に心エコー検査は推奨されないという既存のガイドラインを支持している」と結論付けている。