精神衛生上の問題を抱える人々は、

精神衛生上の問題を抱える人々は、

Anonim

キングズ・カレッジ・ロンドンの新しい調査によると、不況の始まり以来、メンタルヘルスの問題を抱えている人々の失業率は、メンタルヘルスの問題がない人々の2倍以上に上昇しています。

著者らは、欧州全域で、精神保健問題を抱える人々が経済危機によって不釣り合って影響を受け、この脆弱なグループの社会的排除をさらに増やしていると警告しています。

PLoS ONE に掲載されたこの調査では、この雇用率の格差は、男性と教育水準の低い人にとってさらに大きいことが分かった。

科学者は、2006年に2万人を超える27のEU諸国のデータを収集し、2010年にも再びデータを収集した。ユーロバロメーター調査を使用して、精神的健康、嫌悪的態度、社会人口統計情報(年齢、性別、教育水準および都市性)現在の雇用率。

2006年の失業率はメンタルヘルスの問題を抱えていない人は7.1%、メンタルヘルスの問題を抱えた人は12.7%でした。 2010年には、メンタルヘルスの問題を抱えている人々の5.5%増加に対して、メンタルヘルスの問題のない人の2.7%の増加に相当する9.8%と18.2%にそれぞれ上昇しました。

ロンドンのキングズ・カレッジの精神医学研究所の研究の主任著者であるSara Evans-Lackoは、「景気後退は多くのヨーロッパで大きな影響を与えていますが、不況が特定のグループに及ぼす影響についての情報はほとんどありません欧州の経済危機が精神保健問題を抱えている人々に深刻な影響を与えていることを示す最初の調査である。

さらに、この調査では、重要なサブグループが特定されました。たとえば、教育のレベルが低い男性と個人は、不況後の失業の可能性が大幅に増加しています。 2010年には、メンタルヘルス問題を抱える男性の21.7%が失業していました(2006年の13.7%)。

また、精神保健問題を抱える人々の危険に関する信念は、失業率の上昇に寄与する重要な要因であることも示しました。 メンタルヘルスの問題を抱えている人々が危険であると信じる人が多いという国に住んでいたのは、メンタルヘルスの問題を抱えている人々の失業率が高いことに関連していました。

雇用水準が低いことに加えて、これらのサブグループは、精神保健に対する援助の割合が低く、否定的な態度もあり、特定の形態のアウトリーチが必要な場合があります。

キングズ・カレッジ・ロンドンの精神医学研究所の研究の共同執筆者であるグラハム・ソーニミクロフ教授は次のように付け加えています。「私たちの研究は、汚名と差別の重要な意味合いの1つが雇用からの排除であることを強調しています。政府はこれらのリスクを認識する必要があり、雇用者は精神衛生上の問題を抱える人々を雇用して雇用するために平等法を遵守する法的義務を認識する必要があります。