末期がんの放射線治療は低い

末期がんの放射線治療は低い

Anonim

高齢末期がん患者の放射線治療の全体的な使用は、生涯の最後の月には低いが、 Journal of Clinical Oncologyの 1月号に発表された研究によると、10日間以上の治療を受けている患者が多い。

ヒューストンのテキサス大学MDアンダーソンがんセンターのAshleigh Guadagnolo医師らは、様々ながんで死亡した202, 299人の高齢者(65歳以上)から生後1カ月の放射線治療データを分析した2000年から2007年まで。

研究者らは、生活の最後の月に放射線療法を受けた患者は7.6%であり、その使用は人種、性別、収入、ホスピスケアなどの要因によって影響を受けることが分かった。 放射線療法を受けた患者のうち17.8%が10日間以上の治療を受けていたが、これは非ヒスパニック系白人、ホスピスケアを受けていない人、病院関連施設ではなく自立した人で治療した患者であった。 生活の最後の月の放射線療法を受けている患者のうち、生活の最後の月のケアの総費用は、ホスピスケアを受けた患者の32%低かった。

「最後の30日間に放射線療法を受けた患者の全体的に低いパーセンテージに基づいて、最終段階のがん治療においてこの様式が不十分である可能性がある」とGuadagnoloらは結論づけている。 しかし、患者の死亡を最終的な日数のかなりの部分を放射線治療室に訪れることを必要とする投薬レジメンは、緩和ケアの全体的な目的に反する可能性が高い」と語った。

ある著者はヘルシンから資金を受けた。