研究者は、睡眠時無呼吸症候群の潜在的な新たなリスクを特定する:喘息

研究者は、睡眠時無呼吸症候群の潜在的な新たなリスクを特定する:喘息

Anonim

ウィスコンシン大学の研究者は、閉塞性睡眠時無呼吸の新たな潜在的な危険因子、喘息を特定した。 研究者らは、1988年以来約1, 500人を追跡してきた国立衛生研究所(心臓、肺、血液検査機関)が実施したウィスコンシン州睡眠コホート研究のデータを用いて、喘息患者の1.70倍(95%CI = 1.15 -2.51)は8年後に睡眠時無呼吸を発症する可能性が高い。

「これは、喘息と睡眠時無呼吸との因果関係を実験室睡眠試験で診断するための最初の縦断研究である」と、ATS 2013で研究を発表する大学の助教授、Mihaela Teodorescu医師OSAは喘息患者の間でより一般的であるが、これらの研究は関係の方向性に対処するようには設計されていない」と述べている。

喘息と閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)との関連は、喘息を子供として発症した参加者の間でさらに強かった。 小児発症喘息は、睡眠時無呼吸発症の可能性の2.34倍(95%CI = 1.25-4.37)と関連していた。

研究者は、喘息の持続期間が睡眠時無呼吸発症の機会に影響を与えることも発見した。 喘息期間の5年ごとの増加につき、8年後にOSAを発症する機会は10%増加した。 ウィスコンシン睡眠コホート(Wisconsin Sleep Cohort)の参加者は1988年に30歳から60歳の間で、4年ごとに検査室睡眠検査、臨床評価、健康史アンケートを完了しました。 喘息・OSA研究では、研究に参加したときに無呼吸低呼吸指数<5のOSAを有しない773人のコホート被験者に焦点を当て、8年後に睡眠時無呼吸状態が変化したかどうかを決定した。

研究は、年齢、性別、体格指数(BMI)、喫煙、週当たりのアルコール飲料の数および鼻の鬱血を含む睡眠時無呼吸に寄与することが知られている変数について調整した。 この研究では、BMIの変化と新しい喘息症例の追加も考慮に入れました。

8年間のフォローアップ期間中、45人の被験者が喘息を発症し、新たに発症する睡眠時無呼吸を発症する可能性が48%高かった。 しかし、サンプルサイズが小さかったため、統計的有意性はなかった。

同大学の人口健康科学助教授、ウィスコンシン州睡眠コホート研究の主任研究者であるポール・ペパード博士は、「48パーセントが大きな違いを表している」と語った。 「これは追跡調査を必要とする1つの結果であり、より多くの喘息患者を対象としたより大きな研究によって確認されれば、臨床的に重要な関連性がある」と語った。

彼は、「今のところ、睡眠研究でOSAを評価するかどうかを決定する際に、喘息歴や肥満などのOSA関連の伝統的因子を臨床医が考慮することは理にかなっている」と付け加えた。

彼はATS 2013で発表される全体的な研究を「強力な観察研究」と考えているが、喘息と睡眠時無呼吸との因果関係の確立には至っていない。 彼とTeodorescu博士は、喘息と睡眠時無呼吸との関係をより長期間にわたって観察するために、少なくともさらに4年間研究を続ける予定です。 彼らはまた、他の研究者が「研究結果を固める」ために、他のコホートで喘息やOSAを調べることを望んでいます。

Teodorescu博士は、ウィスコンシン州の研究における喘息とOSAとの関連が子供の喘息患者で最も強かったため、出生または児童の集団が特に重要であると考えています。 このような研究では、参加者に病気と診断されたことがあるかどうかを単に尋ねるよりも、「より客観的な」喘息の診断が組み込まれているという。